見出し画像

英語で自分の気持ちを伝えたい! スケートボードの西矢選手と織田選手が新アトラクション体験

こんにちは! Sanrio Times 編集担当です。

2023年10月26日、サンリオ所属のスケートボーダー・西矢椛選手、織田夢海選手がサンリオピューロランドのイベントに登場。遊びながら英語を学ぶ新アトラクション「BUDDYEDDY WONDERFUL CLUB(バディエディワンダフルクラブ)」を体験しました。
今回のnoteではアトラクション体験レポートに加え、海外遠征が多いお二人にnote単独インタビュー。お二人の英語学習を通して叶えたい夢や海外遠征の必須アイテムについてお話を聞きました。

Profile: 織田夢海(おだ ゆめか)/ (写真左)
2006年生まれ17歳。7歳でスケートボードを始め、わずか8年で世界トップクラスに手をかけた逸材。世界最高峰のコンテスト“SLS”で女子史上最高得点を叩き出し、その名を世界に知らしめた。ここ一番での勝負強さが魅力のスケートボーダー。
Profile: 西矢椛(にしや もみじ)/(写真右)
2007年生まれの16歳。6歳から兄の影響でスケートボードを始め、弱冠13歳で世界の頂点に。その後もX-GAMESなど世界最高峰の大会で優勝を飾る。コンテストだけではなくストリートでのビデオパートを世界に発信することが目標。

好きな英語フレーズは「Have Fun!」

イベントでは、はじめにサンリオピューロランドの新アトラクション「BUDDYEDDY WONDERFUL CLUB(バディエディワンダフルクラブ)」に初めてチャレンジするにあたっての意気込みをお聞きしました。

「BUDDYEDDY WONDERFUL CLUB」
遊びながら英語を学ぶことができるアトラクション。サンリオが展開する英語教材「Sanrio English Master」に準拠していて日常的に使う英単語が多く登場するため、英語が伝わることの喜びを体験することができます。

 「ハローキティ」を前に笑みがこぼれる西矢選手

西矢選手は、「挨拶や、技を決めたときに『すごいね!』のように話しかけてもらえることがありますが、自分からはあまり話しかける勇気がないのでこれから学んでいきたいと思います。」と英語学習について語ってくれました。

織田選手はお気に入りの英語のフレーズを聞かれると、「Have Fun!(楽しんで!/楽しもう!)です。」と教えてくれました。
海外の選手から滑走の前によくいわれる言葉なのだそうで、みんなと楽しむ気持ちを共有することの大切さを感じているようです。

いよいよアトラクションを体験!

「BUDDYEDDY WONDERFUL CLUB」ストーリー
今日はこのクラブの体験入部の日。エディたちがクラブ活動を始めると、あわてた様子の「ポムポムプリン」「シナモロール」「クロミ」がいきなり駆け込んできます。なんと、このあと体験部員のウェルカムパーティの準備がなにもできていないというのです!
ふとしたことで発見した、英語で話したものが出てくる不思議なマイクを使って、一緒にパーティの飾り付けのお手伝いをすることになり・・・

プロジェクションと音声認識機能を組み合わせた空間で、自分の話した英語のアイテムが映像で飛び出します。

西矢選手
こうやって遊びながら学べるのはとても楽しくて、どんどん声も大きくなりました。わからない単語は発音を聞くことができるので、知らない単語を学ぶこともできました。

織田選手
楽しかったんですが、やっぱり発音が難しかったです。
クロミやポムポムプリン、シナモロールも登場してかわいかったです。
友達とたくさんコミュニケーションをとってみたいので、自分から話しかける練習にもなったと思います。

「どんな方に楽しんでほしいですか?」という質問に、西矢選手は「家族みんなで楽しく英語を勉強してほしいです。」 そして織田選手は「みんなで楽しく勉強をできるのではじめての人にもチャレンジしてほしいです。」と答えてくださいました。

スケートボードのトリックを披露!

その後、場所をサンリオピューロランドの外に移し、スケートボードのトリックを披露!
普段はスケートボードが禁止されているのですが、今回は特別にサンリオピューロランドを背景に滑走を披露してくださいました。

西矢選手、織田選手の推しキャラの「タキシードサム」と「ポチャッコ」も見守ります。
当日は天候にも恵まれ、青空とサンリオピューロランドの建物に2人の笑顔がよく映える滑走となりました!


英語学習を通し“自分の気持ちを伝える”のが夢

体験会を終えた西矢選手、織田選手がサンリオnoteのインタビューに応じてくださいました。

―織田選手はポチャッコ、西矢選手はタキシードサムが推しなんですね。
推しキャラクターの魅力や、好きになったきっかけを教えてください。
西矢選手

サムくんのぽっちゃりとした見た目が好き。ぼのぼのした感じが癒やされます。

織田選手
犬が好きで、ポチャッコの耳が垂れている感じがかわいくて好き。今日はリアルなポチャッコとふれあうことができて嬉しかったです。

―海外遠征に必ず持っていく必須アイテムはありますか?

織田選手
海外遠征では日本食が恋しくなるのでレンジで温め食べられるごはんと、ふりかけ、インスタントのお味噌汁を持っていきます。
サンリオのグッズだと、ポチャッコ、キティちゃんなどのタオルをいっぱい持っていきます。
競技中はヘルメットをかぶるので、ぬいだあとはポチャッコのコームで髪を整えています。鏡もポチャッコで、リップを塗ったり身だしなみチェックに使っていて、ちょっとした瞬間に癒やされています。
 
西矢選手
まずはスケートボード(デッキ)と、基礎化粧品は必ず持っていきます。
サムくんの前髪クリップは保湿ケアをする時にとっても便利。ポーチもサムくんのものを使っています。

ーサンリオ所属が決まったとき、周囲の反応はいかがでしたか?

織田選手
サンリオに所属が決まったときは、「新しい!」と思いました。
Instagramで多くの反響があったのと、海外からの好意的な反応も多かったです。

西矢選手
デッキにサンリオのスポンサーステッカーを貼っているのですが、「キティちゃんがついてるね!」と反応していただけることが多いです。キティちゃんからコミュニケーションが生まれています。

ーおふたりのサンリオ時間を教えてください。

織田選手
「サンリオキャラクターが一番好き」と言ってくれた海外の選手にピンバッジをプレゼント(ピン・トレーディング)しました。

西矢選手

小さいときにユニバーサル・スタジオ・ジャパンでキティちゃんと写真を撮った思い出があります。

―最後に、Instagramでは英語で発信している様子を拝見しました。
英語学習を通してどんなことを叶えたいですか?
西矢選手:
海外の選手と話をしたり、大会で優勝したときに英語で感謝の気持ちを伝えられるようになりたいです。
週に2回英会話学校に通って勉強中です。

織田選手:
SNS は多くのひとに読んでもらえるように日本語だけではなくて、英語の文面でも同時に発信をするようにしています。
投稿内容をまずは自分で考えてみて、そのあと翻訳サイトに入れてみて、自分の考えているニュアンスと違ったりするところは周りの人の助けを借りつつ、しっかりと自分が伝えたい意味になるように努力しています!
英語学習を継続していくことで、世界中のスケーターと英語でコミュニケーションをとったり、インタビューも英語で自分の気持ちをしっかりと伝えられるように頑張りたいと思います。

おわりに

世界で活躍するサンリオ所属のプロスポーツ選手の西矢選手と織田選手。
おふたりとも、デッキに貼ってあるハローキティのステッカーからコミュニケーションが生まれているそうで、世界中の人と笑顔でつながっていく「One World, Connecting Smiles.」を感じました。

BUDDYEDDY WONDERFUL CLUBについて
2023年10月2日にオープンしたサンリオピューロランド初の英語発話型アトラクション。「楽しみながら学ぶ」というエデュテイメントの考えを取り入れたインタラクティブなアトラクションとなっており、未就学児から大人までの幅広い方々に「遊びながら英語を学ぶ」体験をお届けします。
英語の音声認識機能とプロジェクションを掛け合わせ、ゲストが英語で発話したものが空間に浮かび上がり、パーティの飾りつけを行うという一期一会の体験をお届けします。
URL:https://www.puroland.jp/attraction/buddyeddy_wonderful_club/ 

(おわり)

取材・文:あずさゆみ
(profile)
WebメディアDtimes.jpディレクター/フリージャーナリスト
かわいいもの、おいしいものが大好き。フリーライター、フォトグラファーとしても活動中。

©️ 2023 SANRIO CO., LTD.   著作(株)サンリオ

この記事が参加している募集

#イベントレポ

26,388件

#企業のnote

with note pro

12,935件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!